これはNG!オタク婚活パーティーでモテない人の共通点とは?

オタク婚活パーティーやオタコン。
せっかく時間もお金も使って参加するのですから、出会いのきっかけを掴んで帰りたいですよね?

ところが、同じようにオタク婚活パーティーやオタコンに参加しても、異性と仲良くなれる人と、そうでない人がいます。
仲良くなれない人は、何度参加しても同じような結果になりやすい傾向があります。
またどうやらこれは、ルックスの善し悪しといったことでもなさそうです。

この差はどこから生まれてしまうのか?
今回は、オタク婚活パーティーやオタコンでモテない人の共通点をまとめます。

「そりゃそうだろ」
と突っ込まれそうなことばかりですが、自分のことになるとわからなくなることもあるので、ご参照ください。

オタク婚活パーティーでモテない人の共通点5つ

①身なりに気を遣っていない人

もともと持っている容姿には好き嫌いがあるので、その点は脇に置くとして、出会いの場に行くのに身なりに気を遣っていないのはいけません。

頭はぼさぼさ、爪は伸ばしっぱなし、シャツはしわだらけ、歯は黄ばんでいて、口臭や体臭がひどい。。。

「人は見た目が9割」と言いますが、それはイケメンだとか美人だとか、美醜に関することだけを指すのではありません。
相手のことを考えた、場に適した服装、身だしなみができるかということも含まれています。

人とたくさん接する場で、身だしなみを怠る人は、「だらしのない人」「不誠実な人」と思われてしまいます。
いわゆる「清潔感」がない人は、男女関係なくモテません。

②積極性がない人・受け身がちな人

オタク婚活パーティーやオタコンに参加した場合、大半の人とは“初対面”になります。
だから、みんな一生懸命相手を知ろうとしますし、自分を知ってもらおうとします。

そのために会話をするのですが、自分から質問をしない人、話を広げようとしない人はモテません。
会話はキャッチボールです。どちらかが一方的に投げ続けているだけでは疲れてしまいます。

③自慢話ばかりする人

「声優の〇〇さんとは知り合い」
「同人誌は〇冊は持っている」
など、自慢話は、聞いていて気持ちのいいものではありません。

ネタとして軽く触れるぐらいならともかく、延々と自慢ばかりされてはうんざりしてしまいます。

みんなから一段高く見られたい欲求が強すぎる人や、相手より優位に立とうとする人は、モテません。

④愚痴っぽい人

ネガティブなことばかり話す人のそばにいると、なんだか自分までネガティブな気持ちになりますよね。
その愚痴が自慢気味になると、もう手が付けられません。
相手の関心や同情を惹きたいのか、意外とこういった人はいらっしゃいます。

たまに親しい人にこぼす程度ならともかく、オタク婚活パーティーやオタコンで愚痴を言うような人はモテません。

⑤自分の趣味ばかり話す人

これはオタク同士なためにありがちなパターンですが、たまたま趣味が合う人・わかる人に会ってスイッチが入ってしまい、相手が引き気味なのにも関わらず、ずっと同じテーマの話を続けてしまいようなケース。

相手の反応をうかがわず、自分が気持ちよくなるためだけに話しているような人は、モテません。
「ずっと自分ばかり話しているな」と気付いたら、相手に水を向けるのも大切です。

モテるかモテないかの違いは、逆の立場になれるかどうか

ご紹介した5つのポイント全てに共通すること。それは、

逆の立場・相手の立場でで考えるかどうか

です。

逆の立場で考えた時、こういった人とお近づきになりたいと思うでしょうか?

なりたくないと思います。

つまりそれは、誰でも同じ印象を抱くということなんです。

どれも少し気を付ければ回避できることですが、出会いの場の緊張感もしくは高揚感からか、相手の立場に立てなくなってしまう人は案外多いもの。

逆に言えば、これらのポイントに気を付けられれば、他のライバルと差をつけられる可能性が上がるのです。